SOUNDPEATS新イヤホン発売
2024-07-11 10:55:11

SOUNDPEATS、ハイブリッドドライバー搭載完全ワイヤレスイヤホン『Capsule3 Pro+』発売!音質とノイズキャンセリング性能が向上

SOUNDPEATS、ハイブリッドドライバー搭載の完全ワイヤレスイヤホン『Capsule3 Pro+』を発売!



SOUNDPEATS(本社:中国・深圳、代表取締役社長:楊晋)は、xMEMS Labs製「Cowell」MEMSドライバー搭載の適応型アクティブノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホン「Capsule3 Pro+(カプセルスリー・プロ・プラス)」を発売しました。

本製品は、2022年末に発売され高評価を獲得した「Capsule3 Pro」のコンセプトを継承しつつ、さらなる音質向上を図るべく、画期的新技術・MEMSドライバーを追加、ダイナミックドライバーとのハイブリッド構造へと進化を遂げたフラッグシップモデルです。

# MEMS+ダイナミックのハイブリッドドライバーで、より豊かなサウンドを実現



xMEMS Labs社製MEMSドライバー「Cowell」を採用し、専用パワーアンプIC「XAA-2000 Aptos」で駆動することで、従来技術では難しかった繊細かつ立体的な音像表現を実現しました。さらにφ12mmダイナミックドライバーとのハイブリッド構造とすることで、低域の量感と臨場感を描き出します。

# 高音質コーデックLDAC™搭載、ハイレゾワイヤレス対応



高効率・高音質オーディオコーデック「LDAC」に対応しました。同じくLDACに対応するスマートフォン/トランスミッターと組み合わせれば、サンプリング周波数最大96kHz・量子化ビット数24bitというハイレゾ相当の情報量で音楽を楽しむことができます。本製品は、一般社団法人日本オーディオ協会が定める「40kHz以上の高域再生性能」や「96kHz/ 24bitの信号処理性能」などの基準をクリアし、ハイレゾオーディオワイヤレスの認証を取得しています。

# 適応型ANCで、より快適なリスニング体験を実現



ノイズキャンセリング機能として「適応型(アダプティブ)ANC」を採用しました。どのようにイヤホンを装着しているかを検出し、ノイズキャンセルの効果を自動的に最適化します。ノイズ低減レベルは最大45dB、電車・バスの走行音や周囲の雑音、風切り音をしっかりカットします。周囲の音を打ち消さず、音楽などの音にミックスして耳へ届ける「パススルー(外音取り込み)モード」にも対応しています。

# マルチポイント接続に対応、2台のデバイスをスムーズに切り替え



Bluetoothのマルチポイント接続に対応しており、1台のCapsule3 Pro+を2台の親機(トランスミッター/送信側)と同時接続できます。パソコンとスマートフォンを同時に利用しているとき、両方に接続していれば、突然パソコン側でビデオ会議が始まったとしても、スマートフォン側の音楽再生を停止しパソコンにつなぎ替える必要はありません。

# 専用アプリ「PeatsAudio」で、自分好みのサウンドにカスタマイズ



iOS/Android OS対応の専用アプリ「PeatsAudio」をご利用いただくと、Capsule3 Pro+のサウンドをお好みで調整できます。10バンドEQ機能にくわえ、耳の聞こえ方に合わせて適切に音質調整する「アダプティブEQ」を搭載し、細やかな音質カスタマイズの要望に応えます。ファームウェアアップデートなど、本製品を長くご利用いただくためにも役立ちます。

# 発売記念セール開催!



本製品の発売を記念し、7月11日(木)から17日(水)までの7日間、Amazonにて弊社製品の特別セールを実施します。最大33%オフ、Capsule3 Pro+も25%オフという大変お求めやすい価格で提供いたします。一部製品については、本プレスリリース上でのみ公開する特別クーポンコード「SP24PDNEWS01」を購入お手続きの際入力いただくと、さらにお求めやすい価格になりますので、ぜひご利用ください。

SOUNDPEATSについて



SOUNDPEATS(サウンドピーツ)は、「Sound for Urban Sports」をブランドコンセプトに掲げ、すべてのユーザーにより豊かな体験をお届けし、オーディオやデジタルガジェットの分野に新たなトレンドを巻き起こすべく、全力を尽くしています。

この数年間、SOUNDPEATSの製品はたくさんのオーディオファン、ガジェットファンの方々から評価をいただき、少しずつ認知度を上げて参りました。私たちの熱い想いとこだわりがぎゅっと詰まった製品を、より多くの皆様にお届けしたいと考えております。


画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。