グンゼ、最軽量フィルム採用
2024-07-11 09:53:27

グンゼ、国内最軽量収縮フィルム「GEOPLAS HCX1 23μm」をダイドードリンコ飲料に採用!環境配慮とリサイクルで循環型社会へ

グンゼ、最軽量収縮フィルム「GEOPLAS HCX1」をダイドードリンコ飲料に採用!



グンゼ株式会社は、国内最軽量※のハイブリッド収縮フィルム「GEOPLAS HCX1 23μm(ジオプラス エイチシーエックスワン)」を発売し、ダイドードリンコ株式会社の販売するペットボトル飲料への採用を発表しました。

グンゼは、この最軽量収縮フィルムの普及を進めることで、リサイクル原料比率を高め、プラスチック使用量の削減と資源の有効活用による循環型社会の実現を目指しています。

※2024年7月1日現在、国内対象当社調べ。自動ラベル装着機対応最軽量の収縮フィルム(25.3g/㎡)。

ダイドードリンコ飲料「贅沢香茶アイスティー」に採用



「GEOPLAS HCX1タイプ」は、ダイドードリンコ株式会社の「贅沢香茶アイスティー」7月製造分より採用されています。今後、「葉の茶」への展開も計画されています。

「GEOPLAS HCX1タイプ」の特長



「GEOPLAS HCX1タイプ」は、以下の特長を備えています。

1. 重量: 国内最軽量収縮フィルム(従来の最軽量フィルムより約10%軽量化)。
2. 収縮性: 最大収縮率が70%あり、異形ボトルにも対応可能。収縮仕上がり良好。
3. ミシン目適性: ミシン目適性が良く、ラベル剥離が容易(ミシン目に沿って剥離が可能)。
4. リサイクル原料を使用: 印刷会社で発生した印刷端材を約1%使用し、かつ、マスバランス方式によるケミカルリサイクル原料を4%以上使用。

リサイクルへの取り組み



グンゼは、リサイクルを3段階で推進しています。

1. 社内PIR: グンゼの守山工場では、プラスチック廃材を出さないゼロ・エミッションを目指しており、2024年度中には、守山工場ゴミゼロを達成する見通しです。
2. 社外PIR: 「GEOPLAS HCX1タイプ」には、グループ会社のグンゼ包装システム株式会社で発生した印刷端材を回収し、フィルムに含有させています。今後、この取り組みをコンバーターやペットボトル飲料等の製造工場に広げていく計画です。
3. PCR: 最終的には、市場から消費後のラベルを回収し、再原料としてフィルムの製造を行い、資源循環型社会に貢献していきます。

※ポストインダストリアルリサイクル(PIR)とは、市場に出る前の製品製造工程で発生した材料をリサイクル・再利用すること。
※ポストコンシューマーリサイクル(PCR)とは、消費者が使用した製品を回収して再生資源化すること。

今後の展開



グンゼは、リサイクル率を順次向上させ、2030年にはリサイクル率100%の実現を目指しています。また、厚みのある製品ラインナップも拡充し、食品・トイレタリー市場への展開を進めていきます。

ダイドードリンコ株式会社について



ダイドードリンコ株式会社は、日本を代表する飲料メーカーで、「こころとからだに、おいしいものを。」というブランドメッセージのもと、コーヒーや炭酸飲料を中心に幅広い商品を展開しています。1975年の創業以来、高品質な飲料を提供し続け、特に「ダイドーブレンド」などのブランドで親しまれています。また、持続可能な事業運営にも力を入れ、環境に配慮した自動販売機(LOVE the EARTH ベンダー)の展開や商品の開発、およびリサイクルの推進にも積極的に取り組んでいます。

ホームページ:https://www.dydo.co.jp/


画像1

画像2

画像3

画像4

トピックス(経済)

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。