自然エネルギー世界一周
2024-07-11 10:54:09

トリナ・ソーラーが支えた!自然エネルギーのみの世界一周航海成功!国内最年少記録を更新

トリナ・ソーラーの技術が支えた、自然エネルギーのみの世界一周航海



太陽光発電システムのグローバルリーダーであるトリナ・ソーラーが提供したモジュールと蓄電池を搭載したヨットで、木村啓嗣さんが自然エネルギーのみで世界一周航海を達成しました。2024年6月8日、木村さんは新西宮ヨットハーバーに帰港。国内最年少記録となる24歳9ヶ月での偉業達成となりました。

木村さんのヨット「ミランダ号」には、トリナ・ソーラーが提供した両面発電ガラスモジュールが搭載され、太陽光エネルギーによる電力の供給という形で航海を支えました。特に、オートパイロットの故障や日照不足による電力不足に苦しむ場面もありましたが、トリナ・ソーラーの太陽光と蓄電池は安定した電力を供給し、木村さんの挑戦を力強く後押ししました。

木村さんは、今回の航海を通して、「環境を意識した日常生活も重要だが、抜本的な解決策や技術の開発が必須であると感じた」と語ります。また、「挑戦することの大切さ、そして挑戦を通して課題解決に繋がる」というメッセージを若い世代へ発信していきたいと考えています。

世界一周航海の成功は、持続可能な社会へのメッセージ



「Solar energy for All」を掲げるトリナ・ソーラーは、木村さんの挑戦に共鳴し、サポートをするに至りました。木村さんの航海は、自然エネルギーの可能性を示すだけでなく、サーキュラーエコノミーの実現に向けてメッセージを発信していく取り組みとして、大きな注目を集めています。

トリナ・ソーラーは今後も革新的な技術で未来を創造



トリナ・ソーラーは、今後も新たなチャレンジに挑戦する取り組みを応援し、太陽光発電を中心としたスマートエネルギーソリューションの先駆けとして邁進していくことを表明しました。地球環境への貢献と持続可能な社会の実現に向けた取り組みは、今後ますます加速していくでしょう。

木村啓嗣さんの今後の目標



世界一周の経験を生かして、木村さんは子供たちや若い世代への「人生を楽しく生きるヒントの共有」と題して、ヨット教室や講演活動を通じて、活動を展開していく予定です。環境問題などへの関心を高めるため、自身の経験を通して社会への貢献を目指していきます。


画像1

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。