ウクライナ病院攻撃、子どもたち
2024-07-09 13:36:14

ウクライナ病院へのミサイル攻撃、子どもたちの安全は?ユニセフが緊急声明を発表

ウクライナ病院へのミサイル攻撃、子どもたちの安全は?ユニセフが緊急声明を発表



7月8日、ウクライナ各地へのミサイル攻撃により、子どもを含む多数の死傷者が発生した。キーウにあるオフマディト病院も攻撃を受け、深刻な被害を受けた。この事件を受け、ユニセフ(国連児童基金)は緊急声明を発表し、ウクライナの子どもたちの安全確保を訴えている。

ユニセフ事務局長のキャサリン・ラッセル氏は声明の中で、ウクライナの子どもたちにとって安全な場所はどこにもないと強い懸念を示した。特に、オフマディト病院への攻撃について、「病院は安全な避難場所であるべきであり、国際法の下で特別な保護が与えられています。子どもを含む民間人、そして彼らに必要な施設やサービスは、常に保護されなければなりません。」と訴えている。

今回の攻撃は、キーウ、ドニプロ、クリヴィーリフ、スロヴヤンスク、クラマトルスクなど複数の都市を襲い、死傷者の数はまだ明らかになっていない。しかし、病院が攻撃されたことからも、子どもたちの安全が脅かされている現状が深刻であることがわかる。

ウクライナでの戦争は2年半近く続き、子どもたちは戦争の恐怖にさらされ続けている。ユニセフは、最前線地域を含むウクライナ全土で、子どもたちと家族の緊急のニーズに応えるための活動を行っている。具体的には、命を守るための物資提供や、メンタルヘルス支援、心理社会的支援などを提供している。

今回の攻撃を受けて、ユニセフはオフマトディト病院に緊急物資を提供しており、被害を受けたコミュニティへの支援も準備している。しかし、ウクライナの子どもたちに必要なのは、何よりも恒久的な平和である。

ユニセフは、世界中のすべての子どもの権利と健やかな成長を促進するために活動している国連機関である。世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのために活動を続けている。

戦争が子どもたちに与える影響



ウクライナでの戦争は、子どもたちの心身に深刻な影響を与えている。多くの子供たちは、家族や家を失い、安全な場所を求めてさまよっている。また、戦争によるトラウマや不安、ストレスを抱え、精神的な健康状態が悪化している。

国際社会は、ウクライナの子どもたちへの支援を継続し、戦争の早期終結に向けて努力する必要がある。


画像1

画像2

トピックス(国際)

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。