スーパーワーム、ゲノム編集で進化
2024-07-11 08:00:18

ゲノム編集で革命! スーパーワームが栄養価向上で食料問題解決に挑む!

スーパーワームがゲノム編集で進化! 栄養価向上で食料問題解決に挑む!



宮崎県に拠点を置く株式会社スーパーワームと熊本大学は、ゲノム編集技術を用いたスーパーワームの品種改良に向けた共同研究契約を締結しました。この画期的なプロジェクトは、スーパーワームの機能性向上に焦点を当て、持続可能な食料資源やバイオ燃料の開発を目指しています。

# スーパーワームの潜在能力を引き出すゲノム編集



スーパーワームは、高タンパク質で栄養価の高い昆虫として注目されています。今回の共同研究では、CRISPR/Cas9システムを用いて、スーパーワームの成長速度や特定有用成分(タンパク質、脂肪酸、特定アミノ酸)の合成効率を高める遺伝子編集を行います。

# 期待される効果:成長速度向上、栄養価アップ



ゲノム編集技術により、スーパーワームの成長速度が向上し、生産周期の短縮とバイオマスの増加が期待されます。また、タンパク質やオメガ3など特定の脂肪酸、必須アミノ酸の合成効率を高めることで、栄養価の高いスーパーワームの生産を目指します。

# 熊本大学生物環境農学国際研究センター長の澤進一郎氏のコメント



澤氏は、「このプロジェクトでは、ゲノム編集技術を駆使してスーパーワームの機能性向上を目指すものであり、熊本大学の人材と資源、経験を掛け合わせることで、食料資源やバイオ燃料の持続可能な供給において重要な一歩となると確信しています。」と述べています。

# 研究者募集! 未来の食料システムを一緒に創り出す仲間を募集



この共同研究プロジェクトの成功をさらに加速させるため、ゲノム編集、分子生物学、昆虫学の分野で熟練した研究者を募集しています。興味のある方は、株式会社スーパーワームまたは熊本大学までご連絡ください。

# スーパーワームと熊本大学、持続可能な社会への貢献を目指す



株式会社スーパーワームと熊本大学は、この先進的な研究を通じて、食料問題や環境問題の解決に貢献し、持続可能な社会の実現を目指しています。

トピックス(科学)

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。