コクーとPiece to Peaceが提携
2024-07-11 10:45:58

コクーとPiece to Peaceが業務提携し、マーケティング戦略支援サービス『デジタッグ』を開始

コクーとPiece to Peaceが業務提携、マーケティング戦略支援サービス『デジタッグ』を開始



「人財」×「デジタル」事業で社会のDX化を支援するコクー株式会社と、ビジネス界におけるプロ契約のマッチングサービス「キャリーミー」を提供する株式会社Piece to Peaceは、業務提携し、マーケティング領域における戦略立案等の上流工程を担うプロ人材とデジタルマーケティング業務を伴走支援するコクーのDX人財「デジマ女子(R)」がタッグを組んで一つのマーケティングチームとなり、企業のマーケティング課題を解決する『デジタッグ』のサービス提供を開始しました。

# 業務提携の背景



コクーは、女性活躍を推進する「デジマ女子(R)」「EXCEL女子」「RPA女子(R)」「インフラ女子(R)」等の女性に特化したDX人財サービスで企業の課題解決とDX化を支援してきました。「デジマ女子」は、デジタルマーケティングの知識が豊富なコクーの正社員が企業の「広告プランニング・運用」「WEBページ制作と運用」「マーケティングオートメーションツールの構築、運用」等のデジタルマーケティング業務を伴走支援するDX人財サービスです。

一方、株式会社Piece to Peaceは、プロ人材15,000名を必要な時、必要な期間でリスクなく活用できるビジネス界におけるプロ契約のマッチング事業「キャリーミー」を展開。様々な企業の課題を解決すると共に、ビジネスパーソンへプロ人材や複業・パラレルキャリアなど新しい働き方も提案してきました。

今回の業務提携で開始する「デジタッグ」では、「キャリーミー」と「デジマ女子」がタッグを組んで一つのマーケティングチームとなります。「キャリーミー」の上流工程を担うプロ人材がPM(プロダクトマネージャー)として、認知や売上拡大といった企業の事業課題を解決するマーケティング戦略を立案。コクーの「デジマ女子」が顧客企業に常駐して施策を実行し、運用を担当することで企業のデジタルマーケティング業務におけるリソース不足・ノウハウ不足の解消と運用の定着化を図り、マーケティングの効果を最大化します。

# 「デジタッグ」のサービス概要



「キャリーミー」のマーケティング領域における上流工程を担うプロ人材がマーケティング戦略を立案し、コクーのデジタルマーケティング業務を伴走支援する「デジマ女子」が企業に常駐して施策を実行することで、企業のマーケティング活動を支援します。

解決できる課題
マーケティング戦略策定の支援
デジタルマーケティング施策の実行・運用
リソース不足、ノウハウ不足の解消
運用の定着化

対応業務内容
広告プランニング・運用
WEBページ制作と運用
マーケティングオートメーションツールの構築、運用
SEO対策
SNS運用
コンテンツマーケティング
* 分析・レポート作成

# 「キャリーミー」について



「キャリーミー」は、個人が成果にコミットして業務委託契約で働く「プロ契約」の導入・活用を支援し、企業が抱える事業課題を解決するサービスです。特にマーケティング領域を強みとしており、広告運用、SNS、SEO、オウンドメディア、動画、広報・PRなど施策が多様化、高度化する中で、スキルと実績の豊富なマーケティングプロ人材を戦略から実務まで必要なボリュームでアサインすることができます。

本協業でアサインするマーケティングの上流工程に強みを持つプロ人材が多いことも特徴の一つです。企業の課題解決に向け、有効かつ優先順位の高い施策が何かをキャリーミーのコンサルタントが見極め、KPIの達成が期待できる優秀なプロ人材をアサインします。さらに、ご希望に応じプロ人材によるOJTにより内製化の支援も実施します。

プロ人材の登録者数は15,000人超、登録法人は2500社超となっています。(2024年6月時点)

# 「デジマ女子」について



コクーは、「デジタルの力でダイバーシティ&インクルージョンがあたりまえの社会を創る」をパーパスに掲げ、すべての属性の人たちがデジタルの力を身につけて様々なライフステージでイキイキと働ける社会を創ることを目指しています。そのステップ1として、女性活躍推進に取り組み、「インフラ女子(R)」「EXCEL女子」「BI女子」「デジマ女子(R)」「RPA女子(R)」などの女性に特化したDX人財サービスを展開。デジタル未経験者を需要のあるDX人財として育成し、女性ならではの視点を活かし、付加価値をつけた企業のDX化支援サービスを提供してきました。

「デジマ女子」は、デジタルマーケティング業務に伴走支援するDX人財サービスです。デジタルマーケティングの知識が豊富なデジマ女子が「広告プランニング・運用」「WEBページ制作と運用」「マーケティングオートメーションツールの構築、運用」を伴走しながら支援いたします。

# 業務提携に向けたコメント



株式会社Piece to Peace 代表取締役 大澤 亮様

これまで、キャリーミーで8年間掲げている「プロ契約」が法人に導入されないこともありました。それは自社の「業務委託契約で稼働できるプロ人材」だけでは、法人の「常駐してほしい」「週2,3回の限定された稼働だと成果が出るか心配」という思いや課題を解決できないことが理由です。今回のコクー株式会社様との業務提携による「デジタッグ」のサービス開始は、常駐もでき、かつ、一定レベルのデジタルマーケティングの知見のある「デジマ女子」とハイレベルなプロ人材がタッグを組むことにより実現したサービスです。これにより法人の「人材不足」と「マーケティングのノウハウ不足」という二つの課題が解消されると考え、大変期待しています。

コクー株式会社 代表取締役CEO 入江 雄介

当社の「デジマ女子」サービスにおいては、デジタルマーケティング領域における戦略立案等の上流工程に対応できる人財に限りがあり、お客様のご要望すべてにお応えできないこともありました。この度「プロ契約」で企業が抱える事業課題を解決するサービスである『キャリーミー』と当社の『デジマ女子』が協業をすることで、顧客にも費用対効果の高い課題解決ができると確信しており、大変嬉しく思っております。この両社の強みを活かした『デジタッグ』という新しいサービスを拡大していきながら、企業のデジタルマーケティングにおける課題解決に貢献してまいります。どうぞこれからのPiece to Peace社とコクーの協業にご期待ください。

# 株式会社Piece to Peaceについて



「Piece(個人の小さな力)をつなぎ、Peace(大きな力)に」を理念とし、2009年に設立。代表取締役の大澤氏は、優秀な個人の価値観が、それまでの価値観である「正社員」「終身雇用」への依存から、「働き方」や「自分で業務内容・時間・場所などを決める」自律型のキャリアを求める価値観へと変化している一方、企業側の価値観は労働人口急減に直面しているにも関わらず、正社員採用に固執し、プロ人材が活用されていないという事実に気づき、2016年にキャリーミーを正式ローンチ。

# コクー株式会社について



コクー株式会社は、労働人口減による人手不足を「人財」×「デジタル」で解決し、企業の成長・発展ならびにより良い社会に貢献することを目的に様々なサービスを創造し提供。「デジタルの力でダイバーシティ&インクルージョンがあたりまえの社会を創る」というパーパスを掲げ、そのステップ1として、すべての女性が様々なライフステージにおいて手に職をつけてイキイキ働ける社会をつくるために、日々挑戦をし、女性活躍推進企業No.1を目指しています。また、2023年に策定した長期経営計画「VISION2030」においては「ダイバーシティ&インクルージョン」「地方創生」「業務提携」を重点テーマとして取り組み、『DX人財輩出企業 No.1~日本の生産性向上を実現し、誰もがイキイキ働ける社会をつくる~』を実現してまいります。


画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。