α-置換カルボニル化合物の合成法
2024-07-11 10:53:29

パラジウム触媒を用いたα-置換カルボニル化合物の高効率合成法を開発 ~ 医薬品開発や有機合成の革新に期待 ~

パラジウム触媒を用いた画期的な合成法: α-置換カルボニル化合物の効率的な生成



東京理科大学などの研究グループが、医薬品開発などで重要な役割を担うα-置換カルボニル化合物を効率的に合成できる新手法を開発しました。この手法は、パラジウム触媒を用いたanti-Michael型付加反応に基づいています。

従来、α,β-不飽和カルボニル化合物に対して求核剤を反応させると、1,2-付加または1,4-付加反応(Michael付加反応)が進行することが知られていました。しかし、α位への求核付加反応であるanti-Michael型付加反応は、電子的な要因から非常に困難とされてきました。

本研究では、この課題を克服するため、配向基を導入したα,β-不飽和カルボニル化合物をパラジウム触媒存在下で反応させることで、反応中間体を安定化させ、anti-Michael型付加反応を実現しました。具体的には、8-アミノキノリル基を持つアクリルアミドとインドールを、Pd(OCOCF3)2(トリフルオロ酢酸パラジウム)触媒存在下で反応させることにより、90%という高収率で目的物が得られました。

この反応は、インドールだけでなく、ピロール、チオフェンなどの複素環化合物や、電子豊富な芳香族化合物など、さまざまな求核剤に対しても適用可能であることが確認されています。また、配向基である8-アミノキノリル基は、カルボン酸や他のアミドなどに変換可能であり、本反応の汎用性を示しています。

本研究で開発されたanti-Michael型付加反応は、医薬品等に多く見られるα-置換カルボニル化合物を一段階かつ原子効率100%で合成できる理想的な反応として、今後、医薬品開発や有機合成分野で広く活用されることが期待されます。

# 研究のポイント



  • - パラジウム触媒を用いたanti-Michael型付加反応により、α-置換カルボニル化合物を高収率で合成できることを実証。
  • - 広範な基質や求核剤に適用可能であり、反応の汎用性が高い。
  • - 医薬品開発や有機合成分野における新たな合成戦略として期待される。

# 今後の展開



本研究成果は、医薬品開発や有機合成分野における新たな合成戦略として期待されています。研究グループは、より効率的な触媒システムの開発や、より多様なα-置換カルボニル化合物の合成に向けた研究を進めていく予定です。


画像1

トピックス(科学)

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。