離婚後の共同親権導入へ、子どもの利益実現に向けた議論進む

離婚後の共同親権導入、子どもの利益実現に向けた議論が進む



先の通常国会で可決成立した改正民法は、離婚後の共同親権導入を柱としており、子どもの利益実現に向けた大きな一歩となりました。

この法改正は、離婚後も父母双方に子供の養育責任があることを明確化し、親子交流や養育費の支払い確保を促進することを目指しています。

しかし、共同親権導入については、賛否両論が巻き起こっています。反対意見としては、親権を巡る争いが増え、子どもの精神的な負担が増加する可能性が懸念されています。一方、賛成意見としては、父母双方が子育てに関わることで、子どもの成長に良い影響を与えるとされています。

共同親権導入は、子どもの利益を最大限に考慮した上で、慎重に議論を進める必要があるでしょう。

# 共同親権導入の背景



近年、離婚率の上昇に伴い、離婚後の子供の養育問題が社会問題として注目されています。従来の単独親権制度では、離婚後も父母双方が子育てに適切に関わることが難しいケースが多く、親子交流の実施状況や養育費の支払い率が低調であるという課題がありました。

こうした状況を改善するため、離婚後も父母双方に子供の養育責任を共有させる共同親権制度の導入が検討されてきました。

# 共同親権導入のメリットとデメリット



共同親権導入には、以下のようなメリットとデメリットが考えられます。

メリット

父母双方に子供の養育責任を共有させることで、子供の安定した生活を支えることができます。
親子交流の機会が増え、子供が両親との良好な関係を維持することができます。
養育費の支払い率が向上する可能性があります。

デメリット

親権を巡る争いが増え、子供の精神的な負担が増加する可能性があります。
父母間のコミュニケーション不足や対立が、子供の養育に悪影響を及ぼす可能性があります。
共同親権制度の実施に必要な制度設計や運用面での課題が残されています。

# 共同親権導入に向けた課題



共同親権導入に向けては、以下の課題を克服する必要があります。

親権を巡る争いを最小限に抑えるための制度設計
親子交流を円滑に進めるためのサポート体制の充実
養育費の支払い確保のための法的・制度的対策
共同親権制度に関する国民の理解促進

# 今後の展望



共同親権導入は、子どもの利益を最大限に考慮した上で慎重に進める必要があります。今後、関係者の間で活発な議論が続けられ、より良い制度設計が行われることが期待されます。

トピックス(国内(政治・国会・社会・行政))

【記事の利用について】

タイトルと記事文章は、記事のあるページにリンクを張っていただければ、無料で利用できます。
※画像は、利用できませんのでご注意ください。

【リンクついて】

リンクフリーです。